« TEST | トップページ | あらためてよろしくお願いします »

2008年6月 9日 (月)

渓澗野雉図

毎日、「正酒屋 六根浄」の隣の畑に雄の雉がやってきます。

Photo Photo_2 Photo_3 本当にきれいな鳥です。

いつも「ケンケーン」と鳴くと、窓の側へ行き、その姿を眺めます。

この前気づいたことは、「ケンケーン」と鳴くときに、ばたばたと羽を羽ばたかせているということでした。

雉といえば、題名にある「渓澗野雉図」という絵が山形美術館にあります。渡辺崋山作、長谷川コレクションの中の逸品で、「なんでも鑑定団」の中島鑑定士が10億の価値があると言っていたとか。県の重要文化財で止まっているというのが不思議なくらい立派な絵です。

また、山形美術館は吉野石膏コレクションの西洋絵画が充実しており、現在、6月5日(木)-7月13日(日)の間で吉野石膏コレクション 印象派とエコール・ド・パリ展が開催されております。これを見るためだけでも山形へ来る価値があります。

さくらんぼだけじゃもったいないですよ。

|

« TEST | トップページ | あらためてよろしくお願いします »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/41480552

この記事へのトラックバック一覧です: 渓澗野雉図:

« TEST | トップページ | あらためてよろしくお願いします »