« いまだにアルコール添加容認論者が多い理由はなぜなのか | トップページ | 蒸米原理主義者の聖典 »

2008年7月10日 (木)

幸せも旨いお酒もかたまってあるにちがいない

朝から七右エ門窯の従業員さんが「正酒屋 六根浄」の前庭の雑草を刈っています。

オオバコやらシロツメクサが多く、定期的に刈らないと草ぼうぼうになります。

刈ってしまうならばと思い、四つ葉のクローバー探しをしてみました。

これがなかなか見つかりません。日差しが強くなって来て、首筋がヒリヒリしてきます。

いい年をした酒屋のオヤジが何をやっているんだ(苦笑)。はたから見たら、怪しい行動に見えることでしょう。

でも、見つかるまでやめられないんですよね。

そうこうしているうちに、やっと一つ見つかりました。

一つ見つけると、次を見つけるのは簡単でした。

結局、四つ葉のクローバーを4個見つけることができました。

「無いところには全然無いし、あるところにいっぱいある」

普遍の真理のような気がしました。

710

Photo

|

« いまだにアルコール添加容認論者が多い理由はなぜなのか | トップページ | 蒸米原理主義者の聖典 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/41794192

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せも旨いお酒もかたまってあるにちがいない:

« いまだにアルコール添加容認論者が多い理由はなぜなのか | トップページ | 蒸米原理主義者の聖典 »