« マスコミ効果 | トップページ | 蔵元性善説は本当か? »

2008年7月 6日 (日)

昨日は濃い一日でした

さすが河北新報さん。影響力が凄い!

電話の問い合わせや仙台のお客さまがすぐにやってきました。

東北を代表する新聞社です。

記事の内容が素晴らしいですしね。

読んで面白い記事というのは、「現状批判」と「その対策」、「具体的実践」がセットになっているものだと思うのです。

これに「挫折」と「挫折の克服」が加わればストーリーとして言うことはないです。

今回の記事、「挫折」の章はありませんでしたが、まさしく「正酒屋 六根浄」の記事は、読み応えのある記事だと思いました。

ここまでプライベートなことまで書かれるのかとも思いましたが・・・。

でも、本当にありがたいです。

東北の皆さん!新聞は「河北新報」、テレビは「TUY(山形だけですね)」をご覧ください。

さて、昨日はサプライズなお客さんがいらっしゃいました。

なんと!「十四代」の高木顕統さんがお店にお越しになりました。

気配りの人なんですね。高木さん。

蔵元関係者が避けて通るこの店にわざわざ来ていただけるとは・・・。

「この前、専務(水戸部酒造の水戸部朝信杜氏のことです)から聞いたばっかりだったんだよ。お祝いもしなくてごめんね。」

「十四代」の高木さんが発したこの言葉に、「十四代」のお酒が売れる理由もわかったような気がしました。

「人たらし」なんです、高木さんは。

「今後ともよろしくお願いいたします。」と言ったら、目をそらされてしまいましたが・・・(苦笑)。

あやかりたい、あやかりたい、帰る後ろ姿に、思わず手を合わせてしまいました。

暑い一日でしたが、店も熱い一日でした。

今日は今年初めてのセミの鳴き声が聞こえてます。

暑い日は旨い純米酒でスタミナをつけましょう!

|

« マスコミ効果 | トップページ | 蔵元性善説は本当か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

5日に購入した六根浄を一週間ぐらいかけて冷やで少しづつ呑ませていただきました。
美味しいです。
開けたてはとても爽やかな香り&軽い口当たりと、重くはないけどしっかりした旨みが、二重三重で楽しめる不思議な、初めての味でした。
日が経つに連れ、慣れたせいかもしれませんが、軽やかさも重みも共に薄れていったように感じましたが、それが逆に味の変化となり、食中酒としてとてもバランスが良い味わいになりました。
稚拙な表現で恐縮ですが、何とか美味しさを書き表してみました。
また買いに行きたいのですが、もう残り少ないのでしょうか、急がないと。

投稿: 風写 | 2008年7月17日 (木) 08時20分

風写さん、コメントありがとうございます。
プレミアム六根浄を楽しんでいただきありがとうございました。
風写さんの豊かな表現力を私も見習いたいと思いました。
プレミアム六根浄は、まだ在庫に余裕があります。ご安心ください。
またのお越しをお待ちしております。

投稿: わがまま店主 | 2008年7月17日 (木) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/41749657

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は濃い一日でした:

« マスコミ効果 | トップページ | 蔵元性善説は本当か? »