« 感謝、感謝です! | トップページ | 酒造の改良は殆ど頂点に達した »

2008年7月16日 (水)

「甲斐路」使用の桜水ワイン

赤湯「紫金園」さんのワイン「桜水ワイン」。

当店ではワインはこれしか置いておりません。

正直、ワインのことはわかりませんので、生産者の顔が見えるワインを、という理由がきっかけで置くことを決めました。

「紫金園」さんのワイン工場が「須藤ぶどう酒工場」です。

お酒を取りに伺うと、社長と奥さんがいつもぶどう畑で作業をしていらっしゃいます。明るいうちは、ずっと仕事なのだそうです。朝早くから夜まで・・・。

ぶどう作りに愛情を込めている姿を見ていると、頑張ってお酒を紹介していかなければ、と強く感じます。

Photo 今回入荷したワインは高級ぶどう品種の「甲斐路(かいじ)」を使用したワイン。

日本酒の試飲で「ワインみたい」という表現をされることがあります。この酒が「ワインみたい」という時にイメージする味なのではないでしょうか。「フルーティー」ってこういう味を言うんだろうな、という典型的な味です。この熱い時期、冷やして飲むと最高です。

ほどよい甘味と酸そしてコクがここのワインに共通してあります。

だいたい栓を開けると1回で飲み切ってしまうんですよね。

へたな日本酒を飲むより旨いです。

ところで、観光ぶどう園「紫金園」さんのぶどう狩りは8月1日から行われるとのことです。今年は、天候も良く順調だそうです。

風景も素晴らしいので、ご家族で行ってみてください。

また、昨日は、米鶴さんの蔵見学にも言って来ました。

案内していただいた須貝杜氏。忙しい中ありがとうございました。

|

« 感謝、感謝です! | トップページ | 酒造の改良は殆ど頂点に達した »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/41849954

この記事へのトラックバック一覧です: 「甲斐路」使用の桜水ワイン:

« 感謝、感謝です! | トップページ | 酒造の改良は殆ど頂点に達した »