« 「清酒官能評価講習」に行ってきました | トップページ | 味本不生(あじほんぷしょう)の境地 »

2008年8月10日 (日)

酸い、粋、酔~っと

  Photo_2

只今、「正酒屋 六根浄」では、東京で買った手拭いを店内のインテリアとして使ってます。

この手拭いの文様は、源氏香文様で、源氏物語の夏にちなんだ巻名を表しています。

なんだか涼しげでいいですよね。

Photo_3 これは、線香花火が書いてある手拭い。

手で染めているので一つ一つ微妙に色合いが違っているんです。

実物はもっと鮮やかな色合いです。

この手拭いを買った場所は、日本橋浜町。

東京にいる人でもあまり縁がない場所かもしれません。

都営新宿線の浜町駅を出てすぐのところにある「浜甼高虎(はまちょうたかとら)」さんがやっている、ギャラリー「虎の檻」。

先日、テレビで見て、絶対ここへ来たいと思っていた店でした。

ドアに手をかけたら鍵がかかっていて、あれ?やっていないのかな?と思ったら、中の店員さんが鍵を開けてくれました。

テレビの影響でお客さんが思いのほか多く来たらしく、「テレビも良し悪しですね」とすこし困惑ぎみでした。

店内は素敵な文様の手拭いがたくさんあり、目移りしてしまいます。

私が山形から来たと言ったら、、トンボの柄は「トンボは勝ち虫と言って縁起が良いとされているんです」など、色々とアドバイスをしてくれました。

結局、5点の手拭いを買いました。

なんだか手拭いコレクターになってしまいそうです。

|

« 「清酒官能評価講習」に行ってきました | トップページ | 味本不生(あじほんぷしょう)の境地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/42125363

この記事へのトラックバック一覧です: 酸い、粋、酔~っと:

« 「清酒官能評価講習」に行ってきました | トップページ | 味本不生(あじほんぷしょう)の境地 »