« 山形正宗 純米吟醸 秋あがり | トップページ | 紫金園 ぶどう狩り »

2008年9月 6日 (土)

七面鳥X(えっくす)事件

今日のニュースで流れた輸入米の事件。

アフラトキシンが検出された米を食用に転用したとのこと。

まったくもって、論外ですね。

アフラトキシンは、一般の人にとっては聞き慣れない言葉だと思います。

醸造学では麹菌を勉強するときに、「アフラトキシン」のことを学びます。

というのも、アフラトキシンを生産するAspergillus flavusは、日本酒を造る麹菌Aspergillus oryzaeと同じAspergillus属に属すからです。

昭和35年に発生した「七面鳥X事件」では、大量の七面鳥が死亡した原因が、七面鳥の飼料に発生したAspergillus flavusが生産したアフラトキシンだったのです。

日本の伝統的な麹菌にはアフラトキシンを出す株はもちろんありませんが、明治時代にアメリカの学者が、日本の麹菌はAspergillus oryzae-flavus群とAspergillus tamarii群のいずれかに属すると発表してましたので、「七面鳥X事件」を受け、日本の醸造業界は大慌てだったそうです。

海外からの風評被害を恐れた醸造試験所では、アフラトキシンを生産するAspergillus flavusと、日本酒を造る麹菌Aspergillus oryzaeとは異なることを証明し、アメリカ側に通知し、訂正を求め了解を得ることができました。

長い間、問題が起こるまで、麹菌とそんな危険な菌と一緒にされて放置しておく醸造学界はのん気だったんですね。

しかし、日本の伝統的な醸造技術には、毒性のある菌を淘汰する知恵があったことに感心します。

Photo こちらは日本で最初に「麹菌」の用語を用いた、八木久太郎氏による「日本酒醸造法 全」。

|

« 山形正宗 純米吟醸 秋あがり | トップページ | 紫金園 ぶどう狩り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/42394637

この記事へのトラックバック一覧です: 七面鳥X(えっくす)事件:

« 山形正宗 純米吟醸 秋あがり | トップページ | 紫金園 ぶどう狩り »