« とんぼ | トップページ | 山形正宗 純米吟醸 秋あがり »

2008年9月 3日 (水)

我、未だ酸いも甘いもかみわけられず

一昨日、先日の清酒官能評価講習の結果が戻って参りました。

Photo 合格証とは言っても、項目別の合格となっており、合格年月日のあるものだけが合格ということになります。

「2.酸味及び甘味の差異の検出」では、甘味は全問正解だったのですが、酸味が合格に達しませんでした。

「3.香味強度の順位付け」は、イソバレルアルデヒド、酢酸イソアミルの順位付けができませんでした。

これで、私のきき酒能力の現状が明らかとなったわけです。

個人的な主観として、酸味のある酒が好きでイソバレルアルデヒドの感じる酒は好きではないので、これらの項目について強度のランク付けができていなかったようです。

要は、まだまだ訓練が必要だということです。

しかし、お酒は、うまいだのまずいだの言っているうちが幸せなんですよね。

さて、昨日、火曜日は定休日だったのですが、お店に来られた方から電話があり、急きょ、店に出向きました。

お店に来られたのは、気仙沼の「福よし」さんの親方ご夫妻でした!

「福よし」さんには「純米酒 六根浄」を置いていただいております。

東京からの帰りで、私の店がどんなところでやっているのか見に来たそうです。

「ずいぶんいい所でやっているな。」と、感心していました。

本当に「福よし」さんのさんまは最高です。

他にも、夏は、ほや串焼き、もうかのほしの串焼き、冬には、かきの串焼き。

くぅー、思い出しただけで酒が飲みたくなります。

また、気仙沼に行った際はよろしくお願いします!

ご来店ありがとうございました。

|

« とんぼ | トップページ | 山形正宗 純米吟醸 秋あがり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/42367171

この記事へのトラックバック一覧です: 我、未だ酸いも甘いもかみわけられず:

« とんぼ | トップページ | 山形正宗 純米吟醸 秋あがり »