« 完全限定!「川上善兵衛直伝マスカットベーリーA古木仕込み」  | トップページ | 日本酒からノーベル賞 »

2008年10月 9日 (木)

ラーメン つけ麺 僕 イケメシ

昨日からの続きです。

ワインを仕込んだ後、午後に鈴木製粉所「石臼館」へ向かいました。

Photo  Photo_2鈴木製粉所「石臼館」は、山形の蕎麦屋さんに上質の粉を供給している山形蕎麦の心臓部ともいうべき場所です。

目的は、「ラーメン勉強会」。

山形麺業青年会の各支部が集まっての勉強会で、今回が第一回目の開催。

ご存知かもしれませんが、山形市はラーメンの消費量が全国一という土地柄。

ラーメン屋さんのラーメンが旨いのは当たり前として、蕎麦屋さんがレベルの高いラーメンを出しているのです。

山形では、家族連れが蕎麦屋さんでラーメンを食べる姿を普通に見ることができます。

Photo_3 さらに旨いラーメンを作ろうってみんなで勉強するって言うんですから、末恐ろしいです・・・と言いますか、山形のラーメン、ますます期待大ですね!

山形県内にある5つの麺業青年部の各支部のメンバーが力を合わせて作ったラーメンを発表しました。

Photo_4 Photo_5 一番最初に、山形支部の発表でした。炙った鳥胸と山形県産「ゆきちから」100%の麺を使用したつけ麺。

「ゆきちから」は山形市村木沢産。つけ汁との絡みもよく、もちもちとした優しい食感がたまりません。

冷しラーメンとの相性も良いとのことです。

この鳥肉も香ばしく、非常に美味しいです。

Photo_6 2番手は米沢支部。

熟成させた縮れ麺を使用した中華そば。

コクがあって食べ応えがあります。

Photo_7 3番手は天童支部。

スープは水車生そば「鳥中華」のスープ。あっさりとした和風の味。私が好きなタイプです。

「水車生そば」さんは太い噛みごたえの蕎麦でも有名ですが、「鳥中華」も人気メニューで、月に6,000食!!出るそうです。

ちなみに、「水車生そば」さんのそば猪口は七右ェ門窯の器を使っていただいております。

Photo_8 4番手は上山支部のチリトマトラーメン。

一番の異色作。見た目がエスニック。トマトの風味とエビの香りが夏野菜とマッチしています。

これは温かいものでしたが、冷たいバージョンがあったら面白いと思いました。

Photo_9 5番手は鶴岡支部。

最後もつけ麺。

スープを約30種類もの素材から取っているそうで、複雑な味がします。

麺も小麦を殻がらみ挽いたのか、黒い点がポツポツ見え、伸びがあり、ツルツルモチモチしておりました。

山形の蕎麦屋さんのラーメンは、今後も目が離せなくなりそうです!

 

  

しかし、こう言っては何なんですが、蕎麦屋さんは蕎麦が旨いのが一番。

新蕎麦が待ち遠しぃー。

|

« 完全限定!「川上善兵衛直伝マスカットベーリーA古木仕込み」  | トップページ | 日本酒からノーベル賞 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/42734010

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン つけ麺 僕 イケメシ:

« 完全限定!「川上善兵衛直伝マスカットベーリーA古木仕込み」  | トップページ | 日本酒からノーベル賞 »