« 散った桜の花びらは無残だが、散ってもなお紅葉は美しい | トップページ | ワインの火入れが気になる »

2008年11月22日 (土)

櫻果林「広東料理と日本酒の調べ」開催までいよいよ1週間!

Photo_3 いよいよあと1週間で、ホテルキャッスル12F 中国 櫻果林さんの「広東料理と日本酒の調べ」が開催されます。

チラシをみたら、どの料理にどの酒を合わせるかも書いてありました・・・。

サプライズは、最初の「純米酒 六根浄」が出されるということです。

この会のために取っておいていたんです。

それもチーフシェフお薦めの「根野菜の蒸しスープ」と合わせます。

山内料理長の作る中華は、私が考えていた中華の概念をはるかに超えていました。

油が少なく塩分控え目、素材の味が生きているんです。

化学調味料など一切使わない繊細な味付け。

もしかすると意外に油を使う和食よりあっさりしているかもしれないですね。

和食のようなフランス料理のような中華料理。

わけがわからないかもしれないですが本当です。

六根浄セレクションのお酒がついてこの料理で5,800円!!

驚くといいますか儲け度外視だと思います。

六根浄店主が料理も酒も保証いたします!

この会のためだけでも山形に来る価値がありますよ。

|

« 散った桜の花びらは無残だが、散ってもなお紅葉は美しい | トップページ | ワインの火入れが気になる »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/43188756

この記事へのトラックバック一覧です: 櫻果林「広東料理と日本酒の調べ」開催までいよいよ1週間!:

« 散った桜の花びらは無残だが、散ってもなお紅葉は美しい | トップページ | ワインの火入れが気になる »