« 芸術の秋を堪能する | トップページ | 自信作登場! »

2008年11月14日 (金)

磯の鮑の片思い

「磯の鮑の片思い」

小遊三師匠の落語で使っているのを聞き、ここで使われるのか!と妙に感心しました。

正直、値段の割に鮑(あわび)って旨いって思ったことがありませんでしたが、2、3年前、広田湾に面した気仙沼唐桑の取れたてのアワビを食べ、これは旨い!と認識を改めたことがありました。

気仙沼の「福よし」さんで出されたアワビの肝「としる」も言うまでもなく旨くて、これがまた、酒に合うんですよね。

ちなみに、ホタテの緑の部分「ウロ」と見た目似ていますが、全然別モノ。ホタテのウロは危ないので、ここが旨いんだなどと通ぶって食べない方がいいですよ。

食べるんだったら、アワビの肝「としる」。

すみません、だんだん浮き世離れした話になってきましたね。

ところで、アワビと言えば、中華料理にも使われる高級食材。

先日、ホテルキャッスル「櫻果林」さんで行われる「第二回 広東料理と日本酒の調べ」の出品する酒の打ち合わせに行ったときのこと。

Photo 当日に出される料理を食べながら、どのお酒にするかを決めたのです。

これはその中の一つ、「フカヒレと鮑のブラウンソース仕立て」

基本的に海のそばに育った人間は、あまり素材をいじるのを好まないんですよ。

しかし、この料理には驚きました。

ブラウンソースに使用しているのが、三陸産オイスターソース。

チーフシェフ曰く、オイスターソースは三陸産でなければダメなのだと。

私の父方の祖父の実家は、オイスターソースを製造していたという話を昔、聞かされていました。

「三陸産オイスターソース」それを聞いて、私の中のDNAが黙っていませんでした。

まず、一番上に乗っている鮑から。

やはり、中華は奥深い・・・。

順に、フカヒレ、ホタテと食べた感想は・・・

(フカヒレ+鮑+ホタテ)×三陸産オイスターソース= 海その愛

海よ~俺の海よ~、眼前に広がる大海原。

凄過ぎて、逆に困ってしまいました。これになんの酒を合わせればいいんだ?

答えは、11月29日の土曜日18:00~。

ホテルキャッスル「櫻果林」さんにて。

この会ははずせないですよ。

詳しくは、こちら

打ち合わせ当日に出た料理の数々。

今回はなかったのですが、「根野菜の蒸しスープ」はチーフシェフが絶対に食べていただきたい、というお薦めの料理だそうです。

Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8

|

« 芸術の秋を堪能する | トップページ | 自信作登場! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/43110722

この記事へのトラックバック一覧です: 磯の鮑の片思い:

« 芸術の秋を堪能する | トップページ | 自信作登場! »