« 午後の光に照らされた秋は感動的な美しさだ | トップページ | お歳暮のご紹介 »

2008年11月 7日 (金)

日塔貞子の生涯

11月9日(日)まで文翔館3階ギャラリーにて、「日塔貞子の生涯」特別展が開催されています。

以前、ブログで「稀な詩人」のタイトルで日塔貞子さんの紹介をしたことがあり、日塔貞子さんを世の中の人に知ってもらう活動をしている桜桃花会さんの方から開催する旨のご連絡をいただいておりました。

もっと早く紹介できればよかったのですが、紹介が遅れて申し訳ないです。

ところで、先月、この連絡のお手紙を頂いたときに、七右エ門窯に来ていたのが河北町の西里小学校の生徒たちでした。

西里小学校というのは、日塔貞子さんの曾祖父である漢学者 逸見魯斎氏が開校したのが始まりで、日塔貞子さんも通ったことがあった小学校だったような・・・。

偶然のことにびっくりしました。

店を始めてから、このような奇遇に出会うことが多いような気がします。

明日(11/8)には、「雪に燃える花」著者の安達徹氏による講演会がありますので、参加希望の方は事前に桜桃花会さんへ連絡して下さい。

連絡先はこちらに書いてあります

お近くの方は奮ってご参加ください。

Photo

|

« 午後の光に照らされた秋は感動的な美しさだ | トップページ | お歳暮のご紹介 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/43037222

この記事へのトラックバック一覧です: 日塔貞子の生涯:

« 午後の光に照らされた秋は感動的な美しさだ | トップページ | お歳暮のご紹介 »