« 香り松茸、味も松茸 | トップページ | 駆逐艦「雷」工藤俊作艦長を偲ぶ »

2008年12月 6日 (土)

文化の香り

1261 七右エ門窯の器売り場に飾ってある平清水在住、漆工芸作家の佐藤正巳先生の作品。

油絵のように見えますが、漆工芸なんだそうです。

佐藤正巳先生は、天童市高擶出身。

昨日お話した田山花袋の母の出身地と同じ。

実家は村山地区でも有数の大地主だったそうです。

東京美術学校(東京芸術大学の前身)を卒業し、山形大学の教授もされました。

絵のことはよくわかりませんが、素晴らしい絵です。

先日お話をした草木染の大場キミさんは、佐藤正巳先生のご自宅のすぐ側に住んでいたそうです。

平清水は文化人が自然と集まる場所であったようです。

|

« 香り松茸、味も松茸 | トップページ | 駆逐艦「雷」工藤俊作艦長を偲ぶ »

平清水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/43337656

この記事へのトラックバック一覧です: 文化の香り:

« 香り松茸、味も松茸 | トップページ | 駆逐艦「雷」工藤俊作艦長を偲ぶ »