« どんな音楽を聴いているかでその人となりがわかるというものだ | トップページ | 酒造りは日本の原風景を守っているというお話 »

2009年4月 6日 (月)

本当においしいものは、はじめはそれほどでもない

コクについての示唆に富んだ、伏木亨氏による「コクと旨味の秘密」(新潮新書)に書いてある一文。

私は日本酒の味覚の本質は「旨味」にあると言ってきました。

しかし、その「旨味」を最初から直接に感じるような酒を目指してはいません。

熟成による旨味を待つ酒、それが「純米酒 六根浄」なのです。

今年は飲み手の日本酒の「熟成」概念を醸成したいと思ってます。

まずは、飲んでみてください。

Photo 純米酒 六根浄

1.8ℓ 2,200円(税込)

720ml1,100円(税込)

|

« どんな音楽を聴いているかでその人となりがわかるというものだ | トップページ | 酒造りは日本の原風景を守っているというお話 »

日本酒」カテゴリの記事

純米酒 六根浄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/44585738

この記事へのトラックバック一覧です: 本当においしいものは、はじめはそれほどでもない:

« どんな音楽を聴いているかでその人となりがわかるというものだ | トップページ | 酒造りは日本の原風景を守っているというお話 »