« ほんものを食う会 その3 | トップページ | Roots »

2009年4月23日 (木)

福の神

214215平清水が舞台となっている小説、佐伯一麦著「草の輝き」の冒頭に出てくる福の神橋(ふくのかみはし)。橋の名前があったのか、というくらい短く小さい橋です。

214232 七右エ門窯の鯉のぼり。

214214しだれ桜の後は芝桜が満開。

214233 平泉寺の源平花桃。

ほんものを食う会」まだ空席があります。お申し込みはお早めにどうぞ。

本日、県内に住んでいる青年海外協力隊の方から連絡があり、善秋さんの名前は聞いたことがあったがどのような人物であったかわからないのでこれを機に知りたい、ということで参加の申し込みがありました。

この会を通じて、世代を超えた交流が生まれるといいですね。

|

« ほんものを食う会 その3 | トップページ | Roots »

善秋」カテゴリの記事

平清水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/44763979

この記事へのトラックバック一覧です: 福の神:

« ほんものを食う会 その3 | トップページ | Roots »