« 六根浄が山形駅に!? | トップページ | 阿修羅・・・ »

2009年5月29日 (金)

最近は”Rock”onjoじゃなくて”Bossa Nova”njoな店です

今朝の朝日新聞によるとボサノヴァの本場ブラジルでは、ボサノヴァを聞く人が少ないとのこと。

洗練と衰退は常に隣あわせであり、高度の洗練は大衆化を阻む要素を含んでいるような気がします。

洗練を理解できるようになるのには、コスト・時間がかかります。現在のように世知辛い世の中だと、刹那的欲求を満たすインパクトの強いものを求める傾向があると思います。

洗練は常に淡い。

良質の純米酒は良質のボサノヴァに通じます。

今朝の記事を、日本では純米酒を飲む人が少ない、という記事に置き換えると、なんだか似たような状況にあるんだな、と思います。

一見、わかりにくいんです、でも、スーッと静かに沁みてくる感覚。体・心の内側から良さを実感でき、体全体で心地よく酔うことができる。

同じです。

山形では山形ブラジル音楽普及協会の会長ご夫妻が頑張っているので、山形は良質のボサノヴァ音楽に触れる機会が多い土地柄。

明日も山形で良質のボサノヴァが聞けるんです。

「中村善郎&ヤヒロトモヒロ Duo Live」

先月のヘナパトが演奏した場所と同じ、山寺の風雅の国「馳走舎」でのライブ。

Nakamura 店でよく聞いているのですが、ヘナパトに負けず劣らず心地の良いボサノヴァの演奏だと思います。

当日券もあるそうですので、純米酒ファンの人。ぜひ聴きにいってください。

|

« 六根浄が山形駅に!? | トップページ | 阿修羅・・・ »

日本酒」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/45164790

この記事へのトラックバック一覧です: 最近は”Rock”onjoじゃなくて”Bossa Nova”njoな店です:

« 六根浄が山形駅に!? | トップページ | 阿修羅・・・ »