« 君子の争いたれ | トップページ | 「造る」よりも「引き出す」ということ »

2009年7月29日 (水)

気仙沼は日南より都会でびっくり

朝からこのコメントに腰を抜かしていたところです。

この時期の気仙沼港には、カツオの1本釣り漁船が宮崎県、高知県、三重県などから集まっています。

冒頭のコメントは、気仙沼市の招きで訪れた宮崎県日南市の児童のコメントです。

カツオ漁の間、しばらく家に帰ることのできない漁師さんのところへ夏休みに子供が会いに来る・・・、気仙沼市も粋な計らいをするものです。

子供は素直でいいですね・・・、気仙沼のどこらへんを見て言った言葉なのか、興味がありますけれど。

ところで、気仙沼で旨いカツオを出す店と言えば、「福よし」さん。

「純米酒 六根浄」も隠し酒で用意してあるんです。

福よしさんの親方も春先の「純米酒 六根浄」の状態を見て、素っ気ない酒だと思っていたそうです。しかし、最近に来てからの味の乗り方を見て、私の言っていた通りになってきたと感心しているようです。

カツオも旨いのですが、この時期の北海道から来るサンマも格別なものがあります。

来週は、カツオ、サンマの塩焼き、純米酒六根浄を堪能してこようと思っています。

|

« 君子の争いたれ | トップページ | 「造る」よりも「引き出す」ということ »

純米酒 六根浄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/45773959

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼は日南より都会でびっくり:

« 君子の争いたれ | トップページ | 「造る」よりも「引き出す」ということ »