« 「正酒屋 六根浄」も選挙モードに入ります! | トップページ | ジュルジュリー罰符~Go Cat Go!~ »

2009年8月24日 (月)

明るい選挙推進運動の始まりは・・・六根浄も選挙モード全開!

選挙と金そして酒。

悪しき慣習を排除し、正しい公正な選挙にする。

現在の「明るい選挙推進運動」。

実は、この運動が全国に先駆けて大衆主導で行われたのが山形でした。

かつては、「公明選挙運動」と呼ばれていた運動。

昭和27年、公職選挙法施行後初の総選挙を前に、大手新聞社朝日・毎日・読売の3社が共同で「公明選挙を推進する」という広告を載せ、公明選挙運動が幕を開ける事になります。

これにいち早く呼応したのが、当時、山形県連合青年団にいた寒河江善秋氏でした。

善秋氏は青年団と婦人会とが協力し、「山形県選挙浄化委員会」を設立することを発案します。

新聞での公明選挙の呼びかけからたった20日後に、このことが山形の新聞で発表になりました。

明るい選挙推進運動のあゆみ」に書いてある、東京での公明選挙連盟設立より早い設立。

この時の運動として、ポスター、チラシ、講演会、遊説、「創造劇」での啓発などが行われ、結果、投票率89%となり、山形は全国一の投票率となりました。

この時の山形の公明選挙運動はモデルケースとされ、全国に紹介されることとなりました。

色んなところに出てくる寒河江善秋氏の名前。その発想力・行動力・指導力にはいつも感心させられます。

ブレーン・ストーミングの手法を日本に初めて紹介したのが善秋氏なんだそうです。

しかし、善秋氏もまさかお酒の「陣中見舞い」まで禁止になるとは思わなかったでしょう。

当店オリジナル「純米吟醸 善秋」。

選挙に関係なく、秋にしみじみ飲んでいただきたいお酒です。

「当選祝い」には、「純米酒 六根浄」。

ご注文はこちらからどうぞ。

※今回の記事は、山形県立米沢女子短期大学の亀ヶ谷雅彦教授の論文を参照させていただきました。

|

« 「正酒屋 六根浄」も選挙モードに入ります! | トップページ | ジュルジュリー罰符~Go Cat Go!~ »

純米酒 六根浄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/46012475

この記事へのトラックバック一覧です: 明るい選挙推進運動の始まりは・・・六根浄も選挙モード全開!:

» 政治と暮らし [日本のまつりごと]
いよいよ政権交代が現実味を帯びてきました。政治が変わることで我々の生活はどう変わるのか。身近な視点で日本の政治を見つめてみました。 [続きを読む]

受信: 2009年8月28日 (金) 15時19分

« 「正酒屋 六根浄」も選挙モードに入ります! | トップページ | ジュルジュリー罰符~Go Cat Go!~ »