« 「寒河江善秋遺作集」復刻を記念して | トップページ | 「佐藤正巳と菅野圭文展」が天童美術館で開催中です »

2009年9月 3日 (木)

陶磁器の釉薬に含まれる成分による清酒の調熟効果を利用した新容器開発について

長いタイトルになってしまいまいた。

「清酒専門評価者」認定のために私が提出したレポートの題名です。

当店のオカルトグッズ(?)「阿字満天目」開発の経緯をレポートにまとめた内容になっています。

一回目の提出時には、内容の不備を指摘され、参考文献まで付けていただき、手直しした上で再度提出させていただききました。

さすがは酒類総合研究所(前身が国税庁醸造試験所)。

ちなみに、きき酒師に関わっている「㈱酒類総研」という紛らわしい名前の組織とは別組織ですのでご注意ください。

お酒や味覚に関する情報量には、ただならぬものを感じました。

ちゃんと論文の形になるものですね。

レポートの内容を一部紹介すると、釉薬の種類によって酒の味に変化が起こることに着目し、最適に調熟する釉薬内の濃度を官能検査によって決定し、新容器を開発した、というものです。

嘘か真か?

味覚をめぐる冒険はここから始まる!

「阿字満(あじまん)天目」Photo

今年は梵字を彫ったバージョンで登場しております。

この梵字は「阿字」と言って、大日如来を意味します。

お酒を入れなくても瞑想グッズとしての利用もO.K!

味な酒器です。

価格:2,000円(税込)

|

« 「寒河江善秋遺作集」復刻を記念して | トップページ | 「佐藤正巳と菅野圭文展」が天童美術館で開催中です »

阿字満天目」カテゴリの記事

コメント

この間(大分前)ありがとうございます。
相模灘特別純米おいしく頂きました。
もちろん冷で。
そのグラスは例の・・・
コーヒーではいまいちわかりませんでしたが、
日本酒だと違いがわかるのか!?な・・・。

投稿: あきにゃん | 2009年9月 4日 (金) 23時44分

あきにゃんさん、いつもお世話になっております。

昨日来たお客様は、お酒で試したら、おおっ、何でこうなるの!?という反応でしたよ。早速購入しておりました。

焼酎ではテキメンですので、ちょっと飲みづらい焼酎の処分に困っている、なんていうときにはいいですよ。

投稿: わがまま店主 | 2009年9月 5日 (土) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/46108781

この記事へのトラックバック一覧です: 陶磁器の釉薬に含まれる成分による清酒の調熟効果を利用した新容器開発について:

« 「寒河江善秋遺作集」復刻を記念して | トップページ | 「佐藤正巳と菅野圭文展」が天童美術館で開催中です »