« 陶磁器の釉薬に含まれる成分による清酒の調熟効果を利用した新容器開発について | トップページ | 当店が国税庁の「各国税局が収集した酒類業活性化事例」に取り上げられました »

2009年9月 5日 (土)

「佐藤正巳と菅野圭文展」が天童美術館で開催中です

だいぶ前にお話した、「佐藤正巳と菅野圭文展」が天童美術館で開催されています。

Photo 上の牛の絵が平清水在住の佐藤正巳先生の作品です。

これが漆で描いた作品というのですから、漆の画材としての可能性を見出し、表現していった姿に感銘を受けました。

漆のピカピカした感じが暗い色調を暗くさせず、すんなりと絵の世界に入っていくことができます。

平清水にある平泉寺大日堂の千歳山大仏の仏頭をモデルにした作品もありました。

13日(日)まで開催しておりますので、是非ご覧下さい。

絵を観た後には、佐藤正巳先生の生家跡をそのまま蕎麦屋にした「吉里吉里」さんで蕎麦を食す・・・、鉄板コースです。

1261 215223 この二つの絵は七右ェ門窯所蔵の佐藤正巳先生の絵になります。

調べたら寒河江善秋氏と同じ年、1920年生まれなんですね。

司馬遼太郎の「街道をゆく」の中の「羽州街道」の中に登場する人物でもあります。

昔は大変お酒が好きな方だったそうで、今でもご健在です。

|

« 陶磁器の釉薬に含まれる成分による清酒の調熟効果を利用した新容器開発について | トップページ | 当店が国税庁の「各国税局が収集した酒類業活性化事例」に取り上げられました »

平清水」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/46124682

この記事へのトラックバック一覧です: 「佐藤正巳と菅野圭文展」が天童美術館で開催中です:

« 陶磁器の釉薬に含まれる成分による清酒の調熟効果を利用した新容器開発について | トップページ | 当店が国税庁の「各国税局が収集した酒類業活性化事例」に取り上げられました »