« ブラジルサンバ | トップページ | ダムの中のダムはムダの中のムダ »

2009年10月17日 (土)

久々に秋の平清水のご紹介

この時期になると朝の散歩が気持ちいいのです。

平清水観音から大日堂に抜ける道も清々しい。

2110153 2110151 2110152

今年は寒くなったのが早かったためか蚊がいなくなるのが早く、すでに散策するにはもってこいの季節となりました。

草木が黄色になるのと同じく、お酒も色づき味も乗ってきています。

自然の移り変わりと日本酒の味が合っていることは、あらためて日本酒も原料が植物由来であることを思い出させてくれます。

|

« ブラジルサンバ | トップページ | ダムの中のダムはムダの中のムダ »

平清水」カテゴリの記事

コメント

店主さんいつもどうもです。

県酒造組合のHPで第10期日本酒学校の内容を見たら、なんと七右衛門窯でのぐい飲み作りと、水戸部酒造での蔵見学があるんですね。

ちょっと受講してみたい気もしますが、やっぱり内陸では通うのが大変なんですよね。

ちなみにぐい飲み作成の時は店主さんのお酒についてのお話は無いのでしょうか?

投稿: 酒ばか1号 | 2009年10月17日 (土) 18時06分

酒ばか1号さん、いつもありがとうございます。

酒造組合のHP見ました。

正直、腰を抜かしそうになりました。

酒造組合さんのほうからぐい呑み作り体験の申込みがあり、その時期は全然大丈夫ですよ~、と答えたくらいで、まさか、講師などというものになっているとは思いませんでした。

しかも、「七右エ門窯 窯元」と勝手な名称までつけているとは・・・。

こういうものをHPに掲載するときは、事前に話をしてからの掲載でお願いしたいですね。

お酒の話を頼まれたら、断りませんが、プンプンにはだまされてダメだよ~米の旨味が大事だよ~、とやさしく教えてあげようと思っています。

投稿: わがまま店主 | 2009年10月18日 (日) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/46506408

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に秋の平清水のご紹介:

« ブラジルサンバ | トップページ | ダムの中のダムはムダの中のムダ »