« わがまま店主、マギー審司に先輩風を吹かすの巻 | トップページ | もしかして ケイコとマナブ »

2009年11月27日 (金)

幻の「気仙沼おでん」

ご当地グルメというものがはやっているようです。

B級グルメというのでしょうか、味蕾に直接訴えかえるような味付けの濃い食べ物が多いように見えます。

「気仙沼ホルモン」もその一つ。

気仙沼では、皆が集まってバーベキューをする時は、味噌ニンニク味の豚のホルモン(腸、レバー、心臓が一緒に入っている)を焼き、キャベツの繊切りとウスターソースで食すというスタイルでした。

まさか、「気仙沼ホルモン」などという名前で発信されるものだとは思いませんでしたし、今でも他所にお出しできるような物ではないような気がします。私は、当たり前にそういうものだとして食べてきましたけどね。(この記事を書いた後で、来月に気仙沼で「気仙沼ホルモンまつり」が行われることを知りました・・・。皆さん、ホルモンを食べに気仙沼にGO!ですよ。本当に美味しいですから。私のお薦めは「ホルモン小浜」に「ホルモンお福」です。)

「気仙沼なんとか」と名づけるならば、食べ方というよりも地元で取れた食材を用いて、他に比べても恥ずかしくないような物にして欲しいと思っています。それもそこでしか食べられないような物。

たとえば、「福よし」さんの「気仙沼さんま」の塩焼き。そのサンマもはらわたの中がオレンジ色をした時が絶品中の絶品。おそらくサンマがサンマを超えた別物のように感じることだと思います。

しかし、このブログで毎回「福よし」さんでは芸がないですよね。

実は、皆さん、私の気仙沼でのイチオシは「気仙沼おでん」なんです。

新鮮な魚介類から取れる出汁による限りなく透明に近いおでん。

動物の肉はロールキャベツの中の鶏肉だけですので、上品な澄んで透き通ったその出汁の味といったら他にたとえようがありません。静かに深く、イメージするのは太平洋のキラキラ輝く明るくきれいな海そのもの。

おでんダネの練り物も自家製。山形にも一軒でもいいのでこういったおでん屋さんが欲しいといつも思っています。

「気仙沼おでん」でGoogle検索しても出てこない、おでんの名店。

昔からやっている店で雰囲気を壊されたくないので、今回は店の名前は公表しません。

インスタントラーメンを常に食べている人や味噌汁のダシがホンダシだけという人には合わないと思います。「純米酒 六根浄」を飲んで旨いと思える舌を持った方には自信をもってお薦めします。

気仙沼へ行った際には、探して見て下さい。

とりあえず、外観の写真だけ。Photo

名もない川に看板のないおでん屋さん。Photo_2

店の前。蛍光灯に店の名前が・・・この写真では見えません。

いや、画面の斜め横から見ると・・・う~む、やっぱり見えませんね。

Photo_3 これなんです。これを見るだけで涙が出そうになってきます。

涙で画像が滲んで見える・・・、いや、ただのピンボケですね。

自家製薩摩揚げによく染みた大根。

下にあるダシの色、澄んで限りなく透明に近い・・・。これが静かにグーッと深みを感じるダシ汁。

お店の女将さんに聞いたところ、少しだけ醤油を入れているとのことでした。塩味だけより丸みが出てカドが取れるのだそうです。

この店の味が合うか否か、まずはここをクリックですよ、奥さん。

奥さんは余計か・・・。

またまた、いやらしい記事を書いてしまった。

|

« わがまま店主、マギー審司に先輩風を吹かすの巻 | トップページ | もしかして ケイコとマナブ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/46871095

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の「気仙沼おでん」:

« わがまま店主、マギー審司に先輩風を吹かすの巻 | トップページ | もしかして ケイコとマナブ »