« 日本酒ワークショップを開催いたします | トップページ | 「ほんものを食う会」にまつわる不思議な話 »

2009年12月 7日 (月)

日本酒ワークショップの場所は「梅蕎麦」さんで開催します

「日本酒ワークショップ」

先週の末に思いつきで開催を決定したイベント。

日本酒版「虎の穴」を目指している「正酒屋 六根浄」では、当店のラインナップを買ってもらうと自然に日本酒の値頃感が身につくようになっておりますが、店では説明しきれない点もあります。

「山田錦」を用いた酒による、きょうかい6・7・9号による酵母違いによる香味の違い、醸造年度違いによる熟成の度合い、精米歩合の違いによる香味の違い、タンク火入れと瓶火入れの味の差、活性炭使用・不使用の違い、プンプン系とはどういった酒を指すのか?、など実際に味わっていただき、醸造と出荷管理による味の違いを説明したいと思います。

日本酒の理解度が高まること間違いなしです。

好き勝手な印象批判をするおかしなブログが横行し、まともな情報が届きづらいのが日本酒の現状。

この会に参加した皆さんと意見交換をしながらお酒について語り合いたいと思います。

ところで、場所がわからないと不便という声がありました。

開催場所を発表します。

「梅蕎麦」さんで開催します。

細打ちで繊細な蕎麦は熱烈なファンをがっちりと掴んで離さない、山形を代表する「梅蕎麦」さんでの開催。

これは来るしかないでしょう。

感動が師走の夜に訪れること間違いなし。

仙台の方からも申込みがありました。ありがとうございました。

まだ空きがあります。

申込みはこちらから、もしくは023(666)8977まで。

ところで、昨日、山形の魅力の発信と中心市街地活性化のためのアンテナショップ「山形まるごと館 紅の蔵」が開館しました。

夜に行ったら、雰囲気がとてもいいですね。

その中にあるイタリアンを中心とした欧風料理Cafe&Dining「990」さんに「純米酒 六根浄」を置いていただくことになりました。

イタリアンと「純米酒 六根浄」。結構、合うと思いますよ。

|

« 日本酒ワークショップを開催いたします | トップページ | 「ほんものを食う会」にまつわる不思議な話 »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

店主さん、いつもどうもです。

「日本酒ワークショップ」
ものすごく行きたいですが、日曜日の夜なので次の日の仕事を考えると、今回も残念ながら参加出来ないですね。

ところでお店は年内はいつ頃まで営業なさる予定なのでしょうか?

また、旧ブログの案内メールが来ないのですが…

投稿: 酒ばか1号 | 2009年12月 7日 (月) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/46948419

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒ワークショップの場所は「梅蕎麦」さんで開催します:

« 日本酒ワークショップを開催いたします | トップページ | 「ほんものを食う会」にまつわる不思議な話 »