« ドライ クリアー リッチ | トップページ | 私の記憶の中での津波 »

2009年12月28日 (月)

またまた「福よし」さんネタ

昨日は全国放送の「旅の香り」で気仙沼の「福よし」さんが紹介されたようでブログに検索してくる人が多い日でした。

「福よし」さんと言えば、焼き魚。

時期によって、旬の魚も異なります。

キチジやサンマだけではありません。

この時期は、赤っぽい外見のアカガレイ(アカジガレイ)、シマホッケなどが出てくると思います。

ホッケも福よしさんで焼いたホッケは別の魚のような食感です。適度な脂が身に入り、フワッとほっくりして旨いのです。

アワビも今が旬ですので、三陸産アワビのコリッとした甘い身を味わうことができます。

もちろん、気仙沼産の牡蠣もお薦めです。牡蠣は串に刺して焼いた「牡蠣串」が絶品中の絶品。外側が香ばしくカリっとして、中はジューシーな潮の香りが口の中にいっぱいに広がります。そこにクイっと「純米酒 六根浄」を流しこんだら・・・。

造りが終わったら、速攻で行きたいな~。

そういえば、先日、NHKで放送された「嵐の気仙沼」は面白い番組でした。地元の人が知らない「嵐の気仙沼」をめぐる人間模様がありました。

陸に上がった船員さんが訪れる銭湯「亀の湯」さんがあるところは、「太田」という地区で、私の子どもの頃の昭和の時代にはネオンが煌く歓楽街「太田歓楽街」でした。「両国」という酒を造る酒蔵もある場所です。

宮城の「浦霞」の本社杜氏である小野寺邦夫杜氏は、もともとは「両国」の蔵人であり、凄い場所に蔵があると驚いたそうです。そのぐらいネオンギラギラの華やかな場所でした。今は見る影もないですが、今でも昭和レトロを感じるなかなか味な場所です。

本日は、蔵が休みなので店番をしながら記事を書きました。

今年最後の店番。

それでは皆さん、良いお年を。

|

« ドライ クリアー リッチ | トップページ | 私の記憶の中での津波 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

六根浄のサイトにアクセスしたところ、
「ページが見つかりません」
と表示されました・・・

投稿: y | 2010年1月13日 (水) 00時12分

yさん、ご指摘ありがとうございます。

ホームページのURL変更をしたもので、一時つながらない状態になっておりました。

新しいURLにつながるよう設定いたしましたので、またホームページを閲覧できるようになりました。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: わがまま店主 | 2010年1月15日 (金) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/47135873

この記事へのトラックバック一覧です: またまた「福よし」さんネタ:

« ドライ クリアー リッチ | トップページ | 私の記憶の中での津波 »