« 緊急告知、山形市に在住の人、必聴ですよ! | トップページ | ドーシス・カリオカスモデル »

2010年4月19日 (月)

ことおよびリスは、ことをおよんだ後に何を思う・・・

村上春樹氏の「1Q84」の3作目が大人気のようです。

小説は単行本になるまで待つほうなので、しばらく読めないのが残念なのですが、何がそこまで人を惹きつけるのか、興味があります。

私は、なぜか村上春樹氏と聞いて思い出してしまうのが、「ことおよびリス」。

たしか、アメリカに在住している時のエッセーで、まあ、ことにおよんでいるリスを取り上げていたんですね。

私の中では、村上春樹=ことおよびリス。

つまり、「村上春樹」がシーニュだとすれば、シニフィエが「ことおよびリス」ということですね。

さて、私が着目したいのは、ことにおよんでいるリスはことをおよんだ後に何を思うか、ということです。

人間とリスとでは、違いがあるのか?非常に気になります。

人間もリスも同じ動物。つまりは、人間の男と女のまぐわいとリスの雄雌同士のことおよびの快楽の質に大した差はないのではないでしょうか。人間の方が「Love」というfour letter wordsを用いて肉欲という壊れた本能を誤魔化している分、負け。潔くない。

何で急にそんなことを言い出すのか?

私にとっては、一昨日のドーシス・カリオカスの山寺ライブが「ことにおよぶ」状態だったわけで、現在のライブ終了後の虚脱感はことにおよんだ後の状態に似ているな、と思ったわけです。非常に卑近な例を出して申し訳ないのですが・・・。

男と女のまぐわい以上に、音楽の上での演奏者と聴き手との間のまぐわいはインスピレーションに富み、深い。それゆえに、虚脱感も大きい。

今回のドーシス・カリオカスの山寺でのライブからは、リスには味わうことができない快楽を味わいました。心地よい暖かい風と共に、リオ・デ・ジャネイロから見える大西洋が透けて見えた・・・、うたかたの幻。

これはしばらく立ち直れないかもしれません。

ボンちゃん、ピエールありがとう。また山形に来てね。今度は桜が満開の時がいいかな。

Photo

ライブ会場となった山形市山寺「風雅の国 馳走舎」入口。朝方に降った雪がまだ残っていました。

Photo_2

何だか欲しくなりませんか?これ。ピンボケが目に痛い。

Photo_3

背景には桜ならぬ雪景色・・・、これもまた奇跡。

Photo_6

山ブラ会長のブログから無断拝借の画像(すみません・・・)。ピエールのご機嫌な演奏に、ボンちゃんの美声が会場に鳴り響いた夜。

Photo_4

ライブ終了後、名物店主、ダンチュウ丸山さんのいる「お酒 丸山」さんにて打ち上げ。「六根浄」、「山形正宗」を飲んでこれまたご機嫌のピエール。新鮮な刺身もバクバク食べてました。酒の後ろにチラッと見える鯖鮨がこれがまた、絶品!!丸山さん気合が入っていましたね。

サプライズがボンちゃんの弾き語り。涙が思わず出そうになるのを、グッとこらえるのに必死でした。

ボンちゃんが弾いているギターは、山形のギター職人による「ABE GUITARS(アベギター)」。本当に心に響く優しい音色を奏でます。

Photo_5

翌日には、ドーシス・カリオカスの二人とご一行様が「正酒屋 六根浄」にご来店!ありがとうございました。おもてなしにお出ししたスイーツ「ドーシス・ヤマガタッス」も喜んでいただいたみたいでした。

今回のライブ実現に向け尽力した山ブラ会長ご夫妻、本当にありがとうございました。今度はマリア・ヒタを山形に引っ張ってきてください(←全然わかっていないからこそ言える)。よろしくお願いします。

|

« 緊急告知、山形市に在住の人、必聴ですよ! | トップページ | ドーシス・カリオカスモデル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/48126834

この記事へのトラックバック一覧です: ことおよびリスは、ことをおよんだ後に何を思う・・・:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/04/20 09:23) [ケノーベル エージェント]
山形市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年4月20日 (火) 09時25分

« 緊急告知、山形市に在住の人、必聴ですよ! | トップページ | ドーシス・カリオカスモデル »