« ドーシス・カリオカスモデル | トップページ | 大根浄 »

2010年4月23日 (金)

また逢う日まで

皆さんにお知らせです。

「正酒屋 六根浄」は、この4月をもちまして・・・、3周年をむかえることができました。

これもひとえに皆さんのおかげです。ありがとうござます。

また、おぅ~、暇で・・・、なんていう日もありますが、平日の日中からちらほらとお客さんが来たりしたり、ブラジル音楽関係の方からご注文があったりと、なかなか充実した毎日をすごしています。

今年は、何と言っても「日本酒レコンキスタ元年」という標語を掲げ、実践を始めていますのでやる気がいままで以上に漲っています。

ただ、尾崎紀世彦か、わがまま店主か、というくらいにもみ上げが順調に伸びているようには売り上げが伸びていないのが現状。

そこで、通信販売(←ここをクリック)部門の立ち上げも始め、少しでもお酒の注文がしやすい環境に整えました。

そんな中、うれしい援軍が!

「SAMBATOWN」ぜじさんのブログで、当店の通信販売の宣伝をしていただきました。いつも応援ありがとうございます。

昨年までぜじさんは日本酒初心者だったとのことですが、私が驚くほどの酒の鑑賞能力を持っています。その的確な表現力には、私の脳内で起こっている脳内信号が彼の中で再現しているのでは?と推測してしまうほどです。

お酒を飲んで誰しもが同じ体験をできるわけではありません。私の自説なのですが、経験を積んだ人は経験を積んだ人特有の脳内信号の流れができる、味わいの違いはそこに起因するのだ、と。

日本酒初心者であるはずのぜじさんが、日本酒歴約20年の私と同じ体験をしている・・・。

私は、ぜじさんが岡ひろみに見えています。今日もビシビシいくぞ!岡ぜじさん!

おっと、ここは純米ばか店主の出る幕ではありませんでしたね。

そんなぜじさんとは、実は、まだお会いしたことがないんです。いつも電話でお話させていただいている間柄です。

ぜじさんとブラジル音楽を聴きながらお酒を酌み交わすことが、私のささやかな夢だったりするんですよね。

ぜじさん、また逢う日まで!

えっ?何で「また」なのかって?

もう夢の中で私と山ブラ会長と一緒に飲んでいるんでしたよね。

|

« ドーシス・カリオカスモデル | トップページ | 大根浄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/48158762

この記事へのトラックバック一覧です: また逢う日まで:

« ドーシス・カリオカスモデル | トップページ | 大根浄 »