« 「相模灘の会」日程変更のお知らせ | トップページ | あじさい »

2010年6月25日 (金)

祖国のために働け

デンマーク戦、やりましたね。

ああいう展開で勝つなんて思ってもみませんでした。前の2試合は見てなくて、頑張って起きて見た試合が、あの結果ですから、うれしいのなんのって・・・。

今朝の天気もカラッとして清々しいですね。

ところで、デンマークと言えば、テレビのデンマーク大使館で飲んでいたビールは、緑色の缶のカールスバーグでした。カールスバーグの工場入口"象の門”には、ラテン語で「祖国のために働け」と刻まれているんだそうです。

まさに祖国のために働いてくれましたね。もちろん、両国共にです。

さて、そのカールスバーグの創業者ヤコブ・ヤコブセンが設立したカールスバーグ研究所で開発された、ビールの三大発明の一つ「酵母の純粋培養法」により、ビールが一定品質の商品として大量生産が可能になりました。

この優良な酵母を純粋培養することに着目し、世界で初めて成功したのがカールスバーグ研究所のハンゼンであり、他の発酵工業にも活用されることとなります。ハンゼンは、これによりパスツールと並んで有名な醸造学の大家となりました。

この酵母の純粋培養の方法は、日本酒にも応用され、吟醸酒が生まれることとなります。

この会社の面白いところは、創業当初から社会貢献に積極的で、研究所には、「発見した業績を世界に向かって公開すべし」とか、工場は「自己のためではなく世界の全醸造業界の利益のために」をモットーとしている、と「世界の酒」(坂口謹一郎著)に書いてあります。

現在、おいしいビール、日本酒が飲めるのはデンマークのカールスバーグの業績があるということを少し頭に入れて、勝利の美酒に酔いたいものです。

勝っても負けても相手への敬意を忘れてはいけませんよね。

|

« 「相模灘の会」日程変更のお知らせ | トップページ | あじさい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516076/48710247

この記事へのトラックバック一覧です: 祖国のために働け:

« 「相模灘の会」日程変更のお知らせ | トップページ | あじさい »