お歳暮

2008年11月10日 (月)

お歳暮のご紹介

Photo_3週末は私が酒造りに行っておりましたので、店主不在のままスタッフAが店を切り盛りしていました。

「純米酒 六根浄」を飲んで日本酒に開眼したというお客様がいらっしゃったというような、報告を受け、よろこんでおりました。その場にいたかったな~。

日曜日には、店主が作った甘酒を振る舞ったところ、あまりのうまさに目を丸くした人がいて、その反応が面白かったという話も聞きました。

甘酒がイマイチ人気がないのは、甘酒が問題ではなく、作り手の問題なんですよね。日本酒も同じ。

さて、年末に向け、今年のお歳暮は何にしようかな?とお考えの方!

今年はこれで決まりです。

Photo 御苦楽セット」

水戸部酒造「プレミアム六根浄」とテンスイ醤油「丸大豆しょう油」と七右エ門窯製しょう油皿2枚のセット。

水戸部酒造とテンスイ醤油は創業者が同じ水戸部弥作氏。

想像してください。

目の前に、ピンと角の立ったお刺身があり、しょう油皿にテンスイ醤油「丸大豆しょう油」を差して、さっそく刺身をしょう油に付けペロっと食べます。すぐさま左手に持っているぐい呑みで「プレミアム六根浄」を口に含む・・・・、まさに極楽です。

水戸部弥作氏は昭和前期の不況の失業対策に「御苦楽園」を造りました。

わがまま店主は水戸部弥作氏が残した会社の食品で「御苦楽セット」を提供し、この元気のない世の中を少しでも元気にします!!

ただいま予約受付中です。¥2,870(箱代・袋代込)

Photo_2 平清水焼の冷酒グラスとのセットもお薦めです!¥3710(箱代・袋代込)

Photo_4 

| | コメント (0) | トラックバック (0)